不動産関連の仕事を目指す時に有利な資格

不動産関連の仕事に就こうとするなら、宅地建物取引主任者などの資格を持っているほうが有利になることはいうまでもありません。
これに関連する資格としては、難易度の高いものから低いものまでさまざまあります。

まず比較的難易度の低いものでは、エクステリアプランナー2級や建築CAD検定試験、土木や造園の施行管理技師2級などがよく知られています。
試験対策のテキストなども多く販売されていますので、取得を目指しやすいものです。

次にやや難易度の上がる資格として、建築整備士や2級建築士などがあります。
宅地建物取引主任などは、毎年数十万人が受験する人気のある資格です。

最後に難易度の高いものとしては、司法試験などと同レベルといわれる不動産鑑定士や一級建築士、土地家屋調査士、マンション管理士などがあります。
当然難易度の高い資格を取得しているほど仕事が探しやすくなりますし、給与などの条件面でも優遇されてきます。
また、ものによっては難易度のわりに採用する側からのニーズの高いものもあります。
自分の希望するエリアではどのような資格が優遇されているのか、またその資格の難易度を調べてみると、目指すべき資格が絞り込めるでしょう。

Just another WordPress site